コンビニATMでお金を借りる方法は?利用する際の注意点も解説

急な出費があった場合、コンビニATMでお金を引き出せれば便利なものです。コンビニATMでお金を借りるにはどのような方法があるのでしょうか?また、すぐにでもお金を借りる方法を知りたい、という人もいるでしょう。

コンビニATMでお金を借りるには、カードローンを利用するという方法があります。消費者金融カードローンと銀行カードローンそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。

また、コンビニATMで借入をする際の注意点や、おすすめの消費者カードローンについてもお伝えします。

コンビニATMを利用してお金を借りる方法

コンビニATMを利用してお金を借りるには、カードローンを契約する、という方法があります。それぞれについて詳しく解説します。

消費者金融カードローンを契約

消費者金融カードローンを契約すれば、コンビニATMでお金を借りることが可能になります。現在ではカードだけでなく、スマホアプリをダウンロードすればカードがなくても借入できるケースが増えています。

消費者金融カードローンの多くは最短即日融資が可能で、今すぐキャッシングしたいという場合にも対応できます。30日間金利0円サービスなど、早めに返済すれば無利子で借入ができるなどのサービスを提供しているカードローンも少なくありません。

利用者が借りやすい、また返済しやすいサービスを充実させているカードローンが多いのも、消費者金融カードローンのメリットです。

また、消費者金融カードローンは貸金業法という法律のもとで融資をしている業者です。貸金業法には総量規制による融資の上限や金利の上限などが決められています。

参照:貸金業法について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

審査をしっかり行うことで無理な貸付をせず、違法な金利を設定することもないので、安心して借入ができるでしょう。

銀行カードローンを契約

銀行カードローンを契約するのも方法の一つです。多くの銀行カードローンはカードを発行しなければなりませんが、カードがあればコンビニATMで借入が可能になります。

銀行カードローンは消費者金融カードローンに比べて低金利であることが多く、総量規制もないため高額融資も可能です。ただし、銀行カードローンは即日融資には対応していません。

契約後であればすぐにでも借入できますが、まずは審査通過が必要。審査は申し込んだその日に完了しないので、すぐにでも借入したい場合は、消費者金融カードローンの方を選ぶとよいでしょう。

参照:カードローン |イオン銀行なら低金利、WEB完結、手数料無料!

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードを持っている場合、キャッシング枠があればコンビニATMで利用可能です。利用可能額はショッピング限度額の範囲内です。

キャッシング枠が設定されていれば、クレジットカードをコンビニATMに入れるだけですぐに現金を手に入れることができます。

ただし、これからクレジットカードを申し込む場合、1週間~10日程度かかってしまうことが多いです。即日融資は無理と考えた方がよいでしょう。

参照:クレジットカードのキャッシング枠とは?限度額の確認と変更方法を解説|クレジットカードなら、JCB

急な出費に対応できる消費者金融カードローン

消費者金融カードローンなら、急な出費に対応可能です。最短即日融資が可能な主な消費者金融カードローンを紹介します。

SMBCモビット

最短30分で審査完了が可能なSMBCモビット。申し込み後、モビットコールセンター(0120-03-5000)に電話をすれば審査を優先してくれる可能性も高いです。WEB完結申込なら、原則勤務先への電話連絡や郵送物もありません。

審査通過後は、振込キャッシング、モビットカードでの借入ができます。モビットカードはローン契約機でカードを受け取ることができ、その場でキャッシング、もしくはコンビニATMで借入も可能です。

また、スマホATM取引ならスマホで利用できます。モビットカードは必要ありません。利用できるのはセブン銀行ATMとローソン銀行ATM。24時間利用可能です。SMBCモビット公式スマホアプリは公式サイトからダウンロードできます。

口コミではさんざん「SMBCモビットはやばいぞ」と言われているようですが、その高い利便性からいい意味でのやばいだったようです。

参考(モビットやばい)

プロミス

最短即日融資も可能なプロミス。上限金利は17.8%で他社と比べると低金利です。Web完結での申し込みならカードレスで利用でき、書類が自宅に送付されることもありません。すぐに借入を希望するなら、Webで契約をするか、来店しカードを発行してもらいましょう。

プロミスには30日間無利息サービスがあります。はじめて契約する方、メールアドレスの登録、Web明細の選択をすれば、初回利用日から30日間は利息がつきません。

スマホアプリを利用した借入・返済は、セブン銀行とローソン銀行(一部利用できないATMもあるのでローソン銀行のWebサイトを確認)で24時間利用可能です。利用するには、携帯番号の登録・端末認証の手続きが必要です。スマホアプリにログインすればVポイントが貯まるのもメリットです。

参照:キャッシング・カードローンなら消費者金融の【プロミス】公式サイト

レイクALSA

レイクALSAでは無利息期間が選べるようになっています。30日間無利息のほか、Webでの申し込みなら60日間無利息を選ぶことが可能。さらに借入金額のうち5万円までなら180日間無利息、を選ぶこともできます。

インターネットでの申し込みなら、最短15秒で審査結果が出ます。その後本審査に入り、21時(日曜日は18時)までに契約手続きが完了すれば、最短25分で融資可能です。

カードレスで利用するなら、レイクALSA公式アプリ「e-アルサ」がおすすめです。セブン銀行ATMでのスマホATM取引が可能です。

参照:【レイク公式】カードローン・キャッシングのレイク

アイフル

WEB申込なら最短25分で融資可能です。急ぎで借入を希望する場合は、WEBで申し込んだ後フリーダイヤル(0120-337-137)に電話をすれば審査時間の短縮が可能です。

また、アイフルでは最大30日間利息0円サービスを提供しています。はじめての利用であれば、契約の翌日から30日間が無利息となるサービスです。

申込みの際、自宅や勤務先への電話連絡もありません。スマホATMの場合はセブン銀行とローソン銀行、スマホでの取引以外であれば、イオン銀行やEnet、ゆうちょ銀行での利用が可能です。

参照:カードローンやキャッシングは消費者金融のアイフル【公式】

アコム

インターネット、店舗(店頭や自動契約機むじんくん)、電話での申し込みなら即日融資も可能です。WEB完結での申し込みなら最短30分の融資もできます。

アコムが提供する30日間金利0円サービスは、契約の翌日から金利なしで借入ができるサービスです。はじめての契約であれば利用できます。

また、振込で借りる、もしくはスマホATMを利用すればカードレスで利用可能です。アコムのスマホアプリはセブン銀行で利用できます。生体認証でログインできるので、パスワードを忘れても安心。利用状況の把握や返済日の確認もできます。

参照:【アコム公式】カードローン・キャッシングなら消費者金融のアコム

コンビニATMでお金を借りるときの注意点

コンビニATMでお金を借りることができれば便利なものです。しかし利用の際には以下の点に注意しましょう。

手数料を確認

コンビニATMを利用する際には、手数料がかかることがほとんどです。提携ATMの場合、基本的には取引金額に応じて110円~220円ほどかかります。1回の利用料はそれほど高い金額ではないかもしれませんが、何度も利用していると費用はかさむものです。

それぞれの消費者金融カードローンのATMであれば手数料は無料の場合が多いので、ATMを利用する場合は手数料を考慮して使いましょう。

参考:カードローン ご利用いただけるATM : 三井住友銀行

利用可能時間を把握

基本的には24時間利用可能ですが、深夜の時間帯や店舗によっては利用できないことがあります。急にお金が必要になった場合に使えないなどといったことがないよう、利用できる時間帯はあらかじめチェックしておきましょう。

コンビニにもよりますので注意が必要です。もちろん、店舗が開いていない場合は利用できません。

スマホアプリの場合利用可能なコンビニが限られている

消費者金融のカードを利用する場合は、多くのコンビニでも利用できますが、スマホアプリの場合は利用可能なコンビニが限られています。セブン銀行とローソン銀行の両方で利用できるカードローンもあれば、セブン銀行だけでしか利用できないケースもあるので注意しましょう。

周りに借入がバレる可能性がある

消費者金融カードローンの契約機などを利用していれば、お金を借りていることを見られてしまう可能性もありますが、コンビニなら手元を見ない限りわからないものです。

しかし、消費者金融のカードを使っているとそれを見られてしまう可能性もあります。周囲に借入を内緒にしておきたいなら、スマホアプリを利用するとよいでしょう。

コンビニATMでお金を借りるならスマホアプリが便利

カードローンで借入をする場合、カードを作成して使う方法とスマホアプリを利用する方法があります。使いやすさは人それぞれですが、スマホアプリはメリットも少なくありません。

周囲に借入がバレにくい

スマホで操作ができるので、消費者金融カードローンを利用していることが周りにバレにくいです。カードを使えば、カードを見られてしまう可能性があります。また、お財布にカードを入れる必要がないので、うっかり見られてしまうこともありません。

カードを持ち歩く必要がない

カードを持ち歩く必要がないので、利用したいときに「カードを持っていないので使えない」ということがありません。お財布にカードを入れることもないので、お財布をすっきりさせておくことが可能です。

利用状況をすぐに確認できる

スマホアプリをダウンロードしておけば、借入や返済などの利用状況をいつでも、すぐに確認することができます。利用状況の把握は、借り過ぎ防止になるものです。こまめにチェックし、借り過ぎないようにしたり、返済日を忘れずきちんと返済したりすることが可能です。

融資を早めることが可能

スマホから申し込みができるケースが多く、その分審査も早く完了しやすいものです。必要書類などもスマホから送れるので、通信環境さえ整っていればどこからでも申し込みができます。

スマホアプリのデメリットや注意点

融資を早めたり、周囲にバレにくかったり、メリットも多いスマホアプリですが、注意点もあるので把握しておきましょう。

当然ですがスマホを忘れてしまったり、電池切れだったりすると利用できません。また、コンビニさえあればいつでもすぐに借入ができるので、借り過ぎてしまう可能性もあります。借りたお金は返済しなければなりません。借りる際には必要な金額だけを借りるようにしましょう。

コンビニATMを利用する場合は手数料に注意

カードローンを契約すれば、コンビニATMでお金を引き出すことが可能です。ただし、手数料がかかることが多く、利用回数に注意しないと手数料がかさんでしまうので注意しましょう。

またコンビニATMを利用できるのは便利なものです。消費者金融カードローンのATMなどに行かずにすむので、借りやすいのがメリット。しかし、借りやすいために、必要以上に借入をしてしまうことがあるので注意しながら計画的に借りることが必要です。

カードローンの中でも消費者金融カードローンはスマホアプリが利用できたり、最短即日融資が可能だったりします。それぞれの消費者金融カードローンの特徴やサービス内容を比較し、使いやすいものを選ぶとよいでしょう。